HOME 人事労務トピックス 働き方改革 「労働時間の考え方:「研修・教育訓練」等の取扱い」リーフレットを公表(厚労省)

「労働時間の考え方:「研修・教育訓練」等の取扱い」リーフレットを公表(厚労省)

厚生労働省から、リーフレット「労働時間の考え方:「研修・教育訓練」等の取扱い」が公表されています。

このリーフレットは、労働基準監督署へのお問合せが多い「『研修・教育訓練』等が労働時間に該当するか否か」について、実際の相談事例をもとに解説されたものです。

労働基準法の改正により、「時間外労働の上限規制」が、大企業では令和元年(2019年)4月から適用されており、中小企業でも令和2年(2020年)4月から当該上限規制が適用されます。

そのような状況の中、労働時間の適正な管理がより一層求められることになりますが、同省では、このリーフレットを、労働時間の適正な管理に役立てて欲しいとしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<リーフレット「労働時間の考え方:「研修・教育訓練」等の取扱い」>

https://www.mhlw.go.jp/content/000556972.pdf

2019/10/17