手続きのツボ

 

ここでは、労働保険・社会保険関係の諸手続き、労働基準法に規定されているそれぞれの手続き、給与計算の流れについて解説します。

社員の入社・退社、労災が起こった時などケースごとに必要な各手続きに関して、帳票の書き方や手続きにおいて気を付けたいことなど、人事労務上で必要となるさまざまな手続きのやり方について基礎からわかりやすく丁寧に解説していきます。

 

労働保険・社会保険の手続き

社員が入社したときの手続き 

社員が入社した際に必要な健康保険・厚生年金保険、雇用保険の資格取得手続き、税に関する手続きのポイントを解説します。

 

社員が退社したときの手続き

社員が退社する際に行う健康保険・厚生年金保険、雇用保険の資格喪失手続き、税に関する手続きのポイントを解説します。

 

社員の変更、異動、再交付のときの手続き

住所変更、氏名変更、被扶養者(扶養家族)に変動があったときや、健康保険被保険者証や基礎年金番号通知書の再交付、記載内容の訂正などの手続きのポイントを解説します。

 

社員や家族が出産したときの手続き

社員(被扶養配偶者)が出産したとき、出産のため仕事を休み、給与を受けられないとき、育児休業の取得時や終了時などの健康保険・厚生年金保険の手続き、雇用保険の育児休業給付金の支給申請等の手続きのポイントを解説します。

 

社員が高年齢者に該当したときの手続き

社員が高年齢雇用継続基本給付金を受給する際の手続き、70歳以上の社員に関する厚生年金保険の手続きについて解説します。

 

社員や家族が病気、けが、死亡したときの手続き

仕事以外の原因で病気・けがをして、医療費が高額になったとき、入院等で医療機関での窓口支払額を軽減したいとき、療養のため仕事を休み、給与が受けられない時の傷病手当金、社員が死亡した際の手続きについて解説します。

 

労災が起こったときの手続き

仕事中や通勤途中の病気・けがについては、労災保険(労働者災害補償保険法)で保険給付を受けることになっています。療養の給付および費用の請求、休業し賃金が受けられないときの給付申請手続きのポイント、休業日数4日以上の労災事故が起きたときに行う労働者死傷病報告の書き方を解説します。

 

給与額の変更や賞与を支払ったときの手続き(保険料届出関係)

給与の金額に大幅な変動があった際の健康保険・厚生年金保険の随時改定、賞与を支払った際、あるいは賞与支払予定月に賞与を支給しなかった際の保険料届出関係の手続きについて解説します。

 

年間の定例事務手続(算定基礎届、年度更新)

年に1回実施する健康保険・厚生年金保険の標準報酬月額の定時決定、労働保険料(労災保険、雇用保険)の年度更新手続きについて解説します。

 

支店を開設や閉鎖したときの手続き

事業所の新規設立、支店開設等、事業所の名称・所在地等に変更があったとき、事業所の廃止・休止等の際に必要になる手続きについて解説します。

 

建設業の労働保険関係の手続き

建設業の元請の工事を開始したとき、元請の工事が終了し、請負金額から賃金を算定する場合の手続きについて解説します。

「入社・退社時の手続き」関連記事

「日常の労務手続き」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/07/26(金) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2024年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE