HOME 人事労務トピックス 労働経済 「新しい資本主義実現本部」「新しい資本主義実現会議」を設置

「新しい資本主義実現本部」「新しい資本主義実現会議」を設置

令和3年10月15日の閣議において、「成長と分配の好循環」と「コロナ後の新しい社会の開拓」をコンセプトとした「新しい資本主義」を実現していくため、総理を本部長、新しい資本主義担当大臣と官房長官を副本部長とし、全閣僚から構成される「新しい資本主義実現本部」を設置することが決定されました。

その後、この実現本部が持ち回りで開催され、「新しい資本主義」に向けたビジョンを示し、その具体化を進めるため、実現本部の下に、総理を議長、新しい資本主義担当大臣と官房長官を副議長とし、財務大臣、厚生労働大臣及び経済産業大臣と、総理が指名する有識者から構成される「新しい資本主義実現会議」を設置することも決定されました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<新しい資本主義実現本部/新しい資本主義実現会議>
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/atarashii_sihonsyugi/index.html