HOME 人事労務トピックス 介護 高齢単身世帯の支援拡充を指示 首相、新法も検討

高齢単身世帯の支援拡充を指示 首相、新法も検討

菅直人首相は29日、2012年度の予定する介護保険制度改正に向け、高齢者の単身世帯への支援を拡充するよう長妻昭厚生労働相ら 関係閣僚に指示したことを明らかにしました。高齢者の孤立を防ぐのがねらいで、所在不明の高齢者が相次いでいる問題を踏まえて声明を発表しました。  首相は新型サービス3本柱として (1)24時間地域巡回・随時訪問サービス (2)見守りサービス付きなど高齢者向け住宅 (3)認知症支援 の全国普及を目指す方針を打ち出しました。「これからは独り暮らしのお年寄りにきちんと対応できるか どうかが介護保険の大きな目標だ」と語り、さらに 「高齢単身・夫婦のみ世帯」が高齢世帯の約3分の2の約850万世帯に達し、 「孤立化して日常生活や介護に不安を抱く高齢者が非常に多くなっている」と指摘。 「介護保険をはじめ高齢者の政策を大きく転換すべき時期を迎えている」と強調しました。。 厚労省は11月に改革の方向性をまとめる予定です。