HOME 人事労務トピックス 労働経済 不妊治療と仕事の両立 厚労省がマニュアルやハンドブックを紹介するページを公開

不妊治療と仕事の両立 厚労省がマニュアルやハンドブックを紹介するページを公開

 

厚生労働省から、「不妊治療と仕事の両立のために」というコンテンツページが公開されました(令和2年10月23日公表)。

このページにおいて、次のようなマニュアル・ハンドブックが紹介されています。 

不妊治療を受けながら働き続けられる職場づくりのためのマニュアル(事業主向け)
不妊治療と仕事の両立サポートハンドブック(本人、職場の上司、同僚向け)
事業主向けのマニュアルでは、①体制の整備、②社員の不妊治療と仕事の両立に関する実態把握、③制度設計、取組の決定、④運用、⑤見直しという5つの導入ステップを解説した上で、企業での取組事例を紹介しています。

また、そうした企業の取組事例等を通して得られた、不妊治療と仕事の両立を支援する上でのポイントがまとめらています。

同省は、「これから不妊治療と仕事の両立支援に取り組もうと考えている企業においては、本マニュアルがその推進の一助となれば幸いです。」としています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<不妊治療と仕事の両立のために>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14408.html