HOME 人事労務トピックス その他 「女性活躍加速のための重点方針2020」を取りまとめ 女性活躍に資するものとしてテレワークを重視

「女性活躍加速のための重点方針2020」を取りまとめ 女性活躍に資するものとしてテレワークを重視

令和2年7月1日、首相官邸において「すべての女性が輝く社会づくり本部(第9回)」が開催されました。
この会議で、「女性活躍加速のための重点方針2020」の取りまとめられました。

今回の重点方針では、「新型コロナウイルス感染症拡大による女性への深刻な影響及び女性活躍の新たな可能性への対応(テレワークやオンラインの活用)」を大きなテーマとしています。

そのうえで、今後重点的に取り組むべき事項が取りまとめられています。

日本の現状として、女性の活躍が進んでいない分野が多い印象がありますが、この点については、「あらゆる分野における女性の活躍」を今後重点的に取り組むべき事項の一つに掲げています。
その中で、たとえば、次のような取り組みを推進することとされています。
●男性の暮らし方・意識の変革(企業や国・地方公共団体における男性の育児休業等の取得促進、男性の家事・育児等への参画に向けた国民の意識の醸成など)
●女性活躍に資する多様な働き方の推進(テレワークの推進、職場におけるハラスメント対策、女性の学び直しや就業ニーズの実現など)
●あらゆる分野における女性の参画拡大・人材育成(女性の政治参画の状況や環境整備に関する調査・情報提供、企業における女性役員登用・育成の推進など)

具体的に、どのような措置が講じられることになるのか、今後の動向に注目です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<「女性活躍加速のための重点方針2020」はこちら>
・概要:
http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/pdf/jyuten2020_gaiyou.pdf

・本文:
http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/pdf/jyuten2020_honbun.pdf

220/7/2