HOME 人事労務トピックス 安全・衛生 新型コロナウイルス対策 改訂チェックリストを活用した職場における感染予防、健康管理の強化の周知を依頼

新型コロナウイルス対策 改訂チェックリストを活用した職場における感染予防、健康管理の強化の周知を依頼

 厚生労働省は、令和2年8月7日、労使団体や業種別事業主団体などの経済団体に対し、改訂された「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」などを活用して職場における感染予防、健康管理の強化を図ることを、傘下団体などに向け周知するよう、再度協力を依頼したということです。

 令和2年4月17日、5月14日に引き続き3回目となる協力依頼とりますが、今回は、新型コロナウイルス感染症対策分科会での提案を踏まえたものということです。

 新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は全国的に増加傾向にあり、一部地域では感染拡大のスピードが増しているため、新型コロナウイルス感染症対策分科会において、新規感染者数を減少させるための迅速な対応として、事業者に対して、①集団感染(クラスター)の早期封じ込め、②基本的な感染予防の徹底が提案されています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 読み進めていくと、「別添2-1」として、チェックリストが紹介されています。

<職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について、経済団体などに再度協力を依頼しました/8月7日付け職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化について>
https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000657471.pdf