HOME 人事労務トピックス 医療 入院食費の自己負担を倍近くに引上げ 1食460円へ

入院食費の自己負担を倍近くに引上げ 1食460円へ

 厚生労働省は7月2日、公的医療保険の制度改革に関して、一般病床の入院患者が医療機関に支払う食費の自己負担額(1食あたり)を、現状の原則260円から460円に引き上げる案を固めました。早ければ2015年度中の実施を目指します。

 現在、療養病床に入院する高齢者の食費の自己負担額は460円となっており、一般病床の患者にも同額の自己負担を求めることになります。

(2014/07/03 医療)