HOME 人事労務トピックス 労働経済 令和3年版の高齢社会白書を閣議決定

令和3年版の高齢社会白書を閣議決定

令和3年6月11日の閣議で、「令和3年版 高齢社会白書」が決定されました。

今回の高齢社会白書は、「令和2年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況」と「令和3年度 高齢社会対策」という2つの部分から構成されています。

「令和2年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況」では、第1章において、基礎的な統計資料等を用いて高齢化の状況が報告され、第2章では、令和元年度に政府が講じた高齢社会対策の実施の状況について、高齢社会対策大綱の構成に沿って報告されています。

また、「令和3年度 高齢社会対策」では、令和3年度において講じようとする高齢社会対策について明らかにするとともに、令和元年度、令和2年度及び令和3年度の高齢社会対策関係予算の表が添付されています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和3年版 高齢社会白書を公表しました>
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html