HOME 人事労務トピックス 労働経済 ハローワークを通じた障害者の就職件数が10年連続で増加(厚労省調査)

ハローワークを通じた障害者の就職件数が10年連続で増加(厚労省調査)

  厚生労働省から、「平成30年度 障害者の職業紹介状況等」が公表されました(令和元年(2019年)6月18日公表)。これによると、平成30年度におけるハローワークを通じた障害者の就職件数は、102,318 件で、対前年度比4.6%の増となっています。また、就職率は、48.4%で、前年度と同じ水準でした。

 障害者雇用促進法では、現在、民間企業に対し、社員全体の「2.2%」以上の障害者を雇い入れるように義務付けています。その率(法定障害者雇用率)は、以前は「2.0%」でしたが、平成30年(2018年)4月から「2.2%」に引き上げられています。これが、障害者の就職を後押ししたものとみられています。

 なお、産業別の就職件数をみると、多い順に、「医療、福祉」(35,541件)、「製造業」(14,510件)、「卸売業、小売業」(12,607件)、「サービス業」(10,868件)となっており、医療・福祉が、全体の34.7%を占めています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<平成30年度 障害者の職業紹介状況等>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05159.html