HOME 人事労務トピックス 医療 後期高齢者医療の廃止案 決定

後期高齢者医療の廃止案 決定

 民主党厚生労働部門会議は31日の会合で、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度を廃止するための法案の要綱をまとめ、政府に対し、今の国会に法案を提出するよう求めることを決めました。  要綱によると働いている高齢者らは勤め先の健康保険組合などの被用者保険に、そのほかは国民健康保険に移行させます。また、制度の廃止後、現在は市町村が運営している国民健康保険について、運営主体を都道府県に移すとしています。