人事制度10の間違い【その10】 賃金テーブルがなければ給与制度とはいえない → 正しいか?

公開日:2008年12月3日
一般に給与制度を作成すると、賃金テーブルが作成されます。では、賃金テーブルは必ず必要なのでしょうか。実はこの賃金テーブルの存在が人事制度を難しく、かつ複雑にしています。賃金テーブルは不要です。

賃金テーブルでは企業業績に見合った昇給額が計算できない

 もはや賃金テーブルの時代は終わったと考えるべきでしょう。

 賃金テーブルの機能は、等級と号俸によって能力給が決められるテーブルであり、この号俸と人事評価が関連づけされているのが普通です。

 例えば下図の例に挙げたように、Ⅰ級5号俸の人がB評価となった場合、この人の能力給は164,000円から3号俸上がって、167,000円となります。


「人事・評価制度」関連記事

「賃金・評価制度の検討」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

オンライン 2024/03/05(火) /13:30~17:30

【オンライン】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : 社労士事務所Partner 所長 西本 佳子 氏

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE