第6回 DX人材の育成:専門実践教育訓練を受けている(リスキリングしている)従業員に対して企業ができるサポートとは

公開日:2023年7月19日

  第5回目のコラムで、リスキリングとして、第四次産業革命スキルやITSSレベル3以上のIT関連資格などを取得するために厚労省が指定する講座を受講した場合、教育訓練給付の「専門実践教育訓練」に該当し、受講費用が最大7割(年間上限56万円)支給されるとご紹介しました。

 これらの専門性の高いスキルや資格を学べる講座は、受講費用が高額かつ、受講期間は長期に渡り、資格習得まで時間と労力を大きく要します。

 従業員にとっては、通常の業務を行いながら、高度な資格の勉強をするということになるため、非常にハードな状況に置かれることになるでしょう。

 そんな従業員に対して会社はどのようなサポートをすることができるのでしょうか?

------------------------------------------------------------

一通りの実務の基礎を習得でき、企業の成長に活用できる
「人的資本経営検定BASIC」はこちら↓

 

 

 

 そこで第6回目では、DX人材の育成:専門実践教育訓練を受けている(リスキリングしている)従業員に対して企業ができるサポートについて、簡単にご説明いたします。

------------------------------------------------------------

過去記事はこちら

第1回「最近ニュースでよく目にするワードの「人的資本経営」って?」

第2回「人的資本経営と密接に関わっている「リスキリング」

第3回 「リスキリング」で対象となる助成金・給付金

第4回 リスキリングとともによく出てくるワードの「DX」とは? 

第5回 「DX人材」の育成について:人材確保・育成に向けた対応策

DX人材の育成:専門実践教育訓練を受けている(リスキリングしている)従業員に対して企業ができるサポート 

 会社の方針として、「DX人材の育成を図りたい」とお考えの企業さまも多くいらっしゃることと思います。

 上述のとおり、第四次産業革命スキルやITSSレベル3以上のIT関連資格など専門性の高いスキルや資格を学べる講座は、受講期間が長期に渡り、従業員にとって通常の業務を行いながら、勉強をすることになるため非常にハードな日々を送ることになります。

 会社のために尽力してくれている従業員のサポートをするべく、会社としてはどのようなことができるでしょうか? 具体的には、次の制度の導入が考えられます。

①「有給の教育訓練休暇制度」の導入及び休暇の付与
②「長期教育訓練休暇制度」の導入及び休暇の付与
③「教育訓練短時間勤務制度」の導入及び制度に基づいた措置の実施

【導入するメリット・目的】
①「有給の教育訓練休暇制度」を導入することによって、在職中の労働者が幅広い訓練機会を持てるようになります。
②「長期教育訓練休暇制度」を導入することによって、従業員の大学院等の学び直しのニーズに応えることができます。
③「教育訓練短時間勤務制度」を導入することによって、労働者が休暇を取得することをせず、夜間等の訓練機関での学び直しを行うことができます。柔軟な労働時間面での配慮を行うことで、終業時間との関係から学び直しが困難となっているケースも減らすことができます。

 なお、上記の教育訓練休暇制度を導入しつつ、従業員がこの制度を利用して休暇を取得した場合、助成金の申請ができる可能性があります。このお話については次回のコラムでご紹介いたします。  

 

■お知らせ:あなたの会社を強くする!「2023年度助成金特集」

 厚生労働省関係の助成金は、雇用の安定や職場環境の改善、仕事と家庭の両立支援、従業員の育成など、企業経営の上で役立つものが多数あり、そのほとんどは業種を問わず活用することができます。

 しかしながら、「よくわからない」「手続きが面倒」、制度は知っていても「どう活用していいかわからない」などの理由により、多くの会社で助成金が活用されていません。

 また、助成金は、毎年4月1日からの年度で助成内容や要件が変更されたり、新設・廃止されるものあり、活用を検討する上では、常に最新の情報を押さえておく必要があります。

 そこで、かいけつ!人事労務の助成金特集では、厚生労働省関連の助成金の中から、使いやすいものを取り上げて、わかりやすく解説していきます。 

特集ページはこちらから↓

 

 

 

 

 

 

 

「」関連記事

「人材の強化」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

大阪会場 2023/09/27(水) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
52,800円(税込)

社会問題化しているカスタマー・ハラスメントについて「企業のブランド価値」「顧客との信頼関係」「従業員の健康」の3つを守る観点から、企業リスクとしてのクレームについて学ぶとともに、製品やサービス等に不満を持つ顧客が企業に接触する初期対応の段階から、損害賠償等の請求をするに至る段階まで、各時点における企業の適切な対応方法について、ワークを交えて解説しています。

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE