第5回 「DX人材」の育成について:人材確保・育成に向けた対応策

公開日:2023年7月11日

 前回のコラムで、リスキリングとともに良く出てくるワードの「DX」について解説しました。

企業のDX推進、DX変革の実現には、「DX人材の育成」が必須です。2022年には経済産業省によるデジタル人材育成プラットフォーム「マナビDX」の開設や人材育成に携わる新たなサービスがリリースされるなど、業種や企業規模を問わず、DX人材育成への取り組みが加速しています。 

---------------------------------------------

一通りの実務の基礎を習得でき、企業の成長に活用できる
「人的資本経営検定BASIC」はこちら↓
https://www.kaiketsu-j.com/index.php/toolbox/11588-human-capital-basic

---------------------------------------------

そこで第5回目では、「DX人材」の育成について、簡単にご説明いたします。

---------------------------------------------

過去記事はこちら

第1回「最近ニュースでよく目にするワードの「人的資本経営」って?」

第2回「人的資本経営と密接に関わっている「リスキリング」

第3回 「リスキリング」で対象となる助成金・給付金

第4回 リスキリングとともによく出てくるワードの「DX」とは? 

「DX人材」の育成について 

2018年9月に公表された『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』の3.5「DX人材の育成・確保」の項目の箇所で、

デジタル技術の進展の中で、DXを実行することのできる人材の育成と確保は各社にとって最重要事項である。ユーザ企業、ベンダー企業それぞれにおいて、求められる人材スキルを整理し、必要な対応策を講じていくことが必要である。

と記載されています。

(注)
ユーザ企業:開発会社にシステム開発を委託する側の企業のこと
ベンダー企業:製品やサービスを提供する企業のこと 

 人材確保・育成に向けた対応策としては、次の3点が挙げられています(要約してご紹介します)。

①アジャイル開発の実践そのもの
→ユーザ企業の人材にあっては開発手法を学び、ベンダー企業の人材にあっては開発に従事しながら業務を知ることにつながり、ユーザ企業・ベンダー企業双方の人材育成にもなる。

(注)アジャイル開発:システムやソフトウェア開発において現在、主流になっている開発手法となり、「計画→設計→実装→テスト」といった開発工程を機能単位の小さいサイクルで繰り返すのが特徴

②IT技術者のスキル標準や情報処理技術者試験の活用により、IT人材のスキルの明確化や、学び直しによる人材育成が進められることが期待される
→情報処理技術者試験における「ITストラテジスト」は企業の経営戦略に基づいてビジネス・モデル等を情報技術の活用により改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者とされている。

③大学を含めた産学連携で人材育成を進めることも有効
→企業にとっては、自社のプロジェクトを大学とともに取り組むことにより、AIやデータ活用のスキルを実践的に獲得できるとともに、大学にとっても企業の持つデータを活用できるため、研究ならびに教育の良い教材となる。

 第3回目の記事で「リスキリング」で対象となる助成金・給付金についてご説明しましたが、例えば、上述の②で出てくる「ITストラテジスト」資格は、教育訓練給付の「専門実践教育訓練(※)」に該当します。教育訓練給付を活用することで受講費用が最大7割(年間上限56万円)支給されますので、実質3割の負担でITストラテジストの講座を受講することができます。

(※)「専門実践教育訓練」に該当するデジタル関係の資格、スキル
・第四次産業革命スキル習得講座(クラウド、IoT、AI、データサイエンス、ネットワーク、セキュリティ、IT利活用分野など)
・ITSSレベル3以上のIT関連資格取得講座(応用情報技術者、ITストラテジスト、システムアーキテクトなど)

<参考>厚生労働省「教育訓練給付制度」

 なお、上記のような専門性の高いスキルを学べる講座は、受講費用が高額なため、講座を受講する際には教育訓練給付を活用されることをおすすめします。

「」関連記事

「人材の強化」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/04/23(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE