アルバイトにボーナスを支給する必要はある?

公開日:2018年4月11日
Q.アルバイトとして雇っている従業員から、「ボーナスもらえますよね。同じような仕事をしているXさんがもらっていますから。今すぐとは言いませんが、支給を検討してください」と詰め寄られました。Xさんは正社員ですから、ボーナスを支給していますが、アルバイトにも支給する必要はあるのでしょうか?

 

A.アルバイトの方の仕事の内容などによって結論が異なってきます。ポイントは、アルバイトの方の、業務内容と責任の程度、人材活用の仕組み・運用などです。

 

解 説

① 業務内容と責任の程度、人材活用の仕組み・運用などが、すべて正社員と同じである場合は、正社員と同じ待遇が求められます。【均等待遇という考え方】この場合、ボーナスの支給も必要となります。
② 一方、これらのすべてが同じでない場合には、正社員との待遇差に合理性があるか否かによって判断され、不合理は禁止されます。【均衡待遇という考え方】

法令上は、①は義務で、②は努力義務といった規定になっています。

〔参考〕同一労働同一賃金に関する主な法制度(厚労省HP)
>> http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000190516.pdf

したがって、アルバイトの方が、①に該当する場合には、支給する方向で早急に準備を進め、②に該当する場合には、支給すべきかどうかを今一度検討する、といった対応が必要になります。

ご質問にあったアルバイトの方が、たとえば、学生さんで、学校卒業後にはアルバイトも卒業(退職)することが決まっているような場合には、貴社の将来を担っていく正社員の方とは人材活用の仕組み・運用が根本的に異なることになるため、②の均衡待遇の問題になります。

②の判断材料(合理性の判断の基準)となるものとして、「同一労働同一賃金ガイドライン案」があります。
同一労働同一賃金の実現に向けた法整備が進められていますが、このガイドライン案は、そのベースとなるものです。

あくまでも方針を示すもので、法的な拘束力はありませんが、裁判で判断基準とされるような内容がまとめられています。

ガイドライン案で、ボーナス(賞与)については、次のように示されています。
『賞与について、会社の業績等への貢献に応じて支給しようとする場合、正社員(無期雇用フルタイム労働者)と同一の貢献である有期雇用労働者又はパートタイム労働者には、貢献に応じた部分につき、同一の支給をしなければならない。また、貢献に一定の違いがある場合においては、その相違に応じた支給をしなければならない。 』

なお、貢献度にかかわらず一律支給となっているような賞与・手当(たとえば、出社した社員全員に支給する年末年始勤務手当など)については、「パート・アルバイトだから支給しない」というような取り扱いは「不合理」と判断されます。

ガイドライン案では、賞与や各種の手当について、均衡待遇の基準が示されていますが、賞与や手当の性質によっても判断は異なってきます。

一度、ガイドライン案をご確認ください!

こちらで、概要から原文までご覧になれます。
<同一労働同一賃金ガイドライン案(厚労省HP)>
≫ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190591.html

〔参考〕最近の裁判の動向について、興味があればご覧ください。
<非正規と正規の手当の格差 一部は不合理(地裁で判決)>
≫ https://www.kaiketsu-j.com/index.php/topix/126-saiban/6715-2018-02-22-09-30-40

※この回答・解説は平成30年4月10日時点のものになります。

「同一労働同一賃金対応」関連記事

「賃金・評価制度の検討」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

オンライン 2024/03/05(火) /13:30~17:30

【オンライン】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : 社労士事務所Partner 所長 西本 佳子 氏

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE