中小企業の7割近くが人手不足 8割強が仕事と育児の両立推進が必要と回答(日商の調査)

公開日:2023年9月29日

 日本商工会議所から、「人手不足の状況および多様な人材の活躍等に関する調査」の集計結果が公表されました(令和5年9月28日公表)。

 この調査は、中小企業の人手不足や多様な人材の就業に関する状況等を把握し、今後の要望活動に活かしていくために、全国の中小企業を対象として実施されたものです(調査期間は2023年(令和5年)7月18日~8月10日。回答があった3,120社の回答を集計)。

 調査結果のポイントは以下のとおりです。


ポイント① 人手不足の状況と対策

○「人手不足」との回答が7割近く(68.0%)で、2015年の調査開始以降、最大。

うち6割以上が「非常に深刻(人手不足を理由とした廃業等、今後の事業継続に不安)」(6.9%)または「深刻(事業運営に支障)」(57.2%)と回答。

○人材確保に向けた取組は、「賃上げの実施、募集賃金の引上げ」(72.5%)が最も多く、「ワークライフバランスの推進」(38.1%)が続く。


ポイント② 女性のキャリアアップ支援

○女性のキャリアアップ支援の「必要性を感じている」との回答が8割強(84.3%)に達するものの、うち6割弱が「十分取り組めていない」と回答。

○最も注力すべき対象・取組は、「若手の正規女性職員の能力・意欲向上」(28.3%)が最多。


ポイント③ 仕事と育児の両立

○両立推進の「必要性を感じている」との回答が8割強(84.1%)に達するが、うち約半数が「十分取り組めていない」と回答。

○課題は、「人手不足のため、子育て中の社員の仕事のカバーが難しい」(44.2%)、「専門的・属人的な業務が多く、子育て中の社員の仕事のカバーが難しい」(37.5%)。

○男性育休について、対象者がいる企業だけで見ると、取得率「0割」は6割を超える(63.2%)。       


ポイント④ 外国人材の受入れ

○外国人材の受入れを「拡大すべき」、「業種・地域を限って拡大すべき」を合わせると約7割(67.8%)。

○課題は「日本語による円滑なコミュニケーションが困難」が6割を超え(65.5%)、最多。


 他の調査結果を含め、詳しくは、こちらをご覧ください。

<「人手不足の状況および多様な人材の活躍等に関する調査」の集計結果について>
https://www.jcci.or.jp/news/jcci-news/2023/0928140000.html

「育児・両立支援」関連記事

「労務環境の維持・改善」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/04/23(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE