【専門家の知恵】ビジネス専用のクレジットカードを準備する

公開日:2022年8月31日

 一枚のクレジットカードを、ビジネスとプライベートで兼用されている事業者の方はとても多いようです。 特にビジネスとプライベート、ともにカード利用が多い方は、多くのカード利用記録を、ビジネス分とプライベート分にわける手間がかなりかかります。ビジネス専用カードを用意することのメリットや問題点を見ていきます。

 

経理処理の効率化になる

 事業に関連する取引はビジネス専用のクレジットカードで処理すると決めれば、プライベート利用分を除外する処理は不要になります。カード利用記録をビジネスかプライベートかに区別する作業が不要になると、経理処理のスピードは格段にあがります。

 

付与ポイントの判断に迷わない

 カードでは、利用金額に応じてポイントが付きます。この付与されたポイントは、ビジネスとプライベートでカードを兼用している場合、ビジネス利用のものかプライベート利用のものか、区分の判断が面倒になります。

 

ポイント利用への課税

 ポイントの利用は所得となり、個人の場合の課税上の扱いは次のとおりになります。正しい課税処理を行うためにもビジネス利用のものかプライベート利用のものか、ポイントの区分が必要となるわけです。

 1.プライベート取引により付与されたポイントの利用
  値引き等以外であれば一時所得
  なお、一年間での一時所得の合計が50万以下であれば税金はかかりません。

 2.ビジネス取引により付与されたポイントの利用
  事業所得

 

法人でのクレジットカード作成は難しい?

 法人で事業をされていて法人カードの審査になかなか通らないという事もあります。一般には、法人カードは個人用のクレジットカードよりも審査が厳しいとされています。法人カードで審査落ちてしまう理由で一番多いのが次の3点です。

 1.法人設立から3年が経過していない
 2.決算が赤字である
 3.社長(代表者)の与信が低い

 

法人カードが作れない時の対処法

 法人カードが作れないため、社長の個人名義で作ったクレジットカードの一枚を法人取引専用のカードとして利用されている会社もあります。個人名義のクレジットカードを法人で利用することは本来すべきではないので、あくまで法人カードが作成できるまでの短期利用とすべきでしょう。

 


執筆者

税理士 田中利征

税理士、経営財務コンサルタント/田中税務会計事務所長/企業家サポートセンター 代表/戸田市経営アドバイザー


「職場環境」関連記事

「労務環境の維持・改善」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/07/26(金) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2024年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE