「就職差別に関する調査2023」を公表 就活で男女差別を感じたことがある32.8%など(連合)

公開日:2023年6月1日

連合(日本労働組合総連合会)は、採用選考における就職差別の実態を把握するため、2019年の調査に続き2回目となる「就職差別に関する調査2023」をインターネットリサーチにより実施し、最近3年以内に就職のための採用試験(新卒採用試験、または中途採用試験)を受けた全国の15歳~29歳の男女1,000名の有効サンプルを集計しました。

 この度、その結果が公表されました(令和5年5月31日公表)。

 ポイントは、次のとおりです。

□ 応募書類やエントリーシートで記入を求められたことがあるもの

「性別」80.5%(前回91.2%)、「本籍地や出生地に関すること」43.6%(前回56.4%)

□ 採用試験の面接で質問されたことがあるもの

・「転勤ができるかどうか」43.3%(前回42.3%)、

・「残業や休日出勤ができるかどうか」42.8%(前回34.7%)、

・「性別」28.6%(前回18.9%)、「本籍地や出生地に関すること」28.3%(前回31.6%)

□ 面接官が面接で聞いてはいけない質問だと思うもの

・「宗教に関すること」56.7%(前回66.5%)、

・「支持政党に関すること」50.1%(前回61.9%)

・「本籍地や出生地に関すること」、「購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること」などは低位に留まる。

□ 「採用試験の面接で、不適切だと思う質問や発言をされた」19.5%

例)「女性だからどうせ辞める」、「恋人はいる?」、「かわいいね」など

□ 「就職活動をしていて“男女差別”を感じたことがある」32.8%

・感じた男女差別1位「男女で採用職種が異なっていた」

・感じた男女差別2位「採用予定人数が男女で異なっていた」

□ 「採用選考過程において、企業からSNSアカウントを調査されたことがある」10.7%

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<『就職差別に関する調査2023』を掲載しました。(世論調査)>

https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20230531.pdf?5166

2023/6/1

「採用」関連記事

「人材の強化」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/04/23(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE