HOME 実務解説 就業規則・労務問題 短時間正社員制度の概要について

短時間正社員制度の概要について

短時間正社員制度の概要について

厚生労働省によると、「短時間正社員制度」とは、就業意識の多様化が見られる中、フルタイム勤務(長時間労働)一辺倒の働き方ではなく、自らのライフスタイルやライフステージに応じた多様な働き方を実現させるとともに、これまで育児や介護をはじめ様々な制約によって就業の継続ができなかった人や就業の機会を得られなかった人たちの就業の継続を可能とし、就業の機会を与えることができる働き方、とされています。 ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活のバランス)を実現するための1つの手段として、厚生労働省でも特設ホームページを作成し紹介しています。 企業にとっては、労働力人口が減少する中、優秀な人材の確保・有効活用を図る手段として大きな効果が期待できるとされています。

「短時間正社員」について

1週の所定労働時間が40時間程度(1日8時間・週5日勤務)で期間の定めのない雇用の正社員(フルタイム正社員)よりも、1週間の所定労働時間が短い正社員を指します。

パートタイマー・アルバイトとの比較

雇用契約の期間、賃金などの処遇に違いがあります。

  雇用契約 賃金など処遇
短時間正社員 無期契約
(何もなければ定年まで雇用)
フルタイム正社員を基準に就業時間に比例した待遇
パート・アルバイト 一般的には有期契約
(3ヶ月更新・1年更新など)
仕事の内容や責任により正社員と差がある
短時間正社員の種類
  1. 正社員から短時間正社員へ一時的に移行する
    育児や介護のため、一時的に短時間正社員として働くタイプです。
  2. 正社員から短時間正社員へ恒常的に移行する
    地域活動への参加、健康や体力面への配慮のため、一定期間ではなく、恒常的に短時間正社員として働くタイプです。
  3. パートから短時間正社員へ恒常的に移行する
    パートタイマーから正社員に登用され、恒常的に短時間正社員として働くタイプです。
続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。