「第3回 企業行動憲章に関するアンケート結果」を公表(経団連)

公開日:2024年1月16日

経団連(日本経済団体連合会)から、「第3回 企業行動憲章に関するアンケート結果」が公表されています。

「Society 5.0 for SDGs」を柱に実施した「企業行動憲章」の全面改定(2017年)以降、SDGsを経営に統合する企業は着実に増加する一方、世界は様々な危機に直面しています。
これらの危機を乗り越えるためには、社会性の視座に立脚した企業行動の実践により、サステイナブルな資本主義への転換が必要との考えの下、経団連は令和4年(2022年)12月に「企業行動憲章 実行の手引き」を改訂しました。

経団連では、令和5年(2023年)8月から9月にかけて、約3年ぶりに「第3回企業行動憲章アンケート」を、全会員企業を対象に実施しました(回答企業数は286社)。
たとえば、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に関する取組みについても調査が行われましたが、その結果のポイントは次のとおりです。
□ 国連「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づき取組みを進めていると回答した企業は、76%と、前回調査(2020年)の36%から2倍以上の40%ポイント増加するなど、自主的な取組みは着実に進展。
□ 従業員の規模別で見ると、5,000人以上の企業の95%は取組みを進めている。一方、499人以下の企業は「取組みに着手できていない」、「内容を理解していない」割合が多い。
□ 中小企業における指導原則の周知・実践を図るため、政府や公的機関による支援の強化が必要である。

経団連では、この調査結果を、国内外のステークホルダーとの対話において活用し、日本企業の取組みへの理解醸成に努めるとともに、企業間での好事例の共有により、更なる取組み促進に繋げることとしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<第3回 企業行動憲章に関するアンケート結果>
https://www.keidanren.or.jp/policy/2024/005.html

「働き方改革」関連記事

「労務環境の維持・改善」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/04/23(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE