【専門家コラム】経営人事改革の視点~マニュアルの重要性

公開日:2024年6月18日

 

 

[経営人事改革の視点]マニュアルの重要性


<株式会社ビジネスリンク 代表取締役 西川幸孝>

 

マニュアル人間という言葉の響き

「マニュアル人間」という言葉は、通常マイナスのイメージで使われます。

マニュアルという言葉で思い浮かぶのは、ハンバーガーチェーンなどのスタッフがそれを見て作業する姿かもしれません。

一般にマニュアルは定型的な作業を行うための手順書であり、それ以上のものではないというイメージがあります。

しかしながら、作業レベルであってもその内容を言語化するのはとても重要なことです。

なぜなら、言語化されることによってそれは「標準」になるからです。

もう一つの重要な点は、マニュアルで定義されている手順や方法は、その時点で会社が考える業務遂行の最善のもので、それが守られている限りは最善の行動が担保され、商品やサービスの品質のばらつきがなくなるということです。

もちろんマニュアル通りにやらない社員はいるわけですが、それが「標準」からズレていることが明白になります。

標準がなければ、それを見る者に違和感が生じても、どこがどう間違っているかは必ずしも明確ではありません。

個性の範囲内と捉えられる可能性もあります。

マニュアルという言葉を、「標準」という一般形に戻してみると、その機能の幅が広がります。

作業レベルの概念から、事業推進の考え方や方針といったものを含んだより広い概念となっていきます。

例えば、営業活動はどのような顧客あるいは潜在顧客を対象とするのか、どのような方針でアプローチしていくのか、標準的な営業ステップは何段階でそれぞれのステップで何を目的としてどのような活動を行うのか、などといった内容です。

 

マニュアルは企業文化の一部

 

プロフィール

西川幸孝

株式会社ビジネスリンク 代表取締役 
経営人事コンサルタント 中小企業診断士 特定社会保険労務士

愛知県生まれ。早稲田大学卒業後、商工会議所にて経営指導員、第3セクターの設立運営など担当。2000年経営コンサルタントとして独立。2005年株式会社ビジネスリンク設立、代表取締役。2009年~2018年中京大学大学院ビジネス・イノベーション研究科客員教授。「人」の観点から経営を見直し、「経営」視点から人事を考える経営人事コンサルティングに取り組んでいる。上場企業等の社外取締役も務める。日本行動分析学会会員

「上司部下・マネジメント」関連記事

「労務環境の維持・改善」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/07/26(金) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2024年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE