令和3年の労働災害発生状況 死亡者数、休業4日以上の死傷者数は共に増加(厚労省)

公開日:2022年5月31日

 

厚生労働省から、「令和3年の労働災害発生状況」が公表されました(令和4年5月30日公表)。
これによると、令和3年中(1月~12月)の労働災害による死亡者数は867人(前年比65人・8.1%増)と4年ぶりに増加となりました。
〈補足〉平成29年比111人・11.3%減

令和3年中の労働災害による休業4日以上の死傷者数は149,918人(前年比18,762人・14.3%増)と平成10年以降で最多となりました。
〈補足〉平成29年比29,458人・24.5%増

労働災害を減少させるために国や事業者、労働者等が重点的に取り組む事項を定めた中期計画である「第13次労働災害防止計画」(平成30年度~令和4年度)では、平成29年比で「死亡者数を15%以上」、「死傷者数を5%以上」減少させることを目標にしていますが、この目標の達成は困難な状況となっています。

第13次労働災害防止計画の最終年度となる令和4年度は、職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止の徹底を図りつつ、建設現場等における足場等の高所からの墜落・転落災害、陸上貨物運送事業おいて多発している荷役作業中の災害の防止対策の徹底、小売業及び社会福祉施設で多発している転倒や腰痛による労働災害防止を図るための意識啓発を通じた自主的な安全衛生活動の普及・定着等を重点に取り組んでいくこととしています。

なお、平成3年中の新型コロナウイルス感染症へのり患による労働災害による死亡者数は89人(前年比71人・394.4%増)、死傷者数は19,332人(前年比13,291人・220.0%増)と前年に比べ大きく増加しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<令和3年の労働災害発生状況を公表>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_25944.html

 

「労災の法律」関連記事

「労務コンプライアンス」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/06/25(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
44,000円(税込)

コンプライアンス研修の実施は、企業経営に悪影響を及ぼすような不祥事を未然に防ぐのに役立ちます。また、新入社員にコンプライアンス研修を実施することで、顧客や取引先などからの信頼を維持することにつながります。
本DVDは、随所に自分事として捉えてもらえるようセルフワークを用意しております。集合研修ができない会社や研修実施後の定期的な振り返り教材としてもおすすめです。

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE