半数を超える健康保険組合が赤字 令和3年度決算(健保連)

公開日:2022年10月11日

 

一定規模以上の社員(被保険者)のいる企業が設立する健康保険組合の連合組織である「健康保険組合連合会(健保連)」は、令和4年10月6日、「令和3年度決算見込と今後の財政見通しについて」を取りまとめ、公表しました。

ポイントは、次のとおりです。
・令和3年度決算見込(1,388組合)
①令和3年度決算見込の経常収支は▲825億円の赤字となり、平成25年度以来8年ぶりに赤字へ。
 5割を超える組合が赤字で、赤字総額は▲2,750億円。
②保険料収入は前年度比+810億円、1.0%の微増。足元の標準報酬は、月額0.3%、賞与額2.9%と、前年度に比べ回復基調にあるものの、新型コロナ感染拡大前の令和元年度決算と比べて、月額▲0.2%、賞与額▲1.6%と、依然として低いまま。
③一方、保険給付費は前年度比+3,408億円、8.7%の増加、高齢者等拠出金は同+1,057億円、3.0%の増加と、保険料収入の伸びを大きく上回るペースで増加。

・今後の財政見通し(健保連推計)
 令和4年度は、一時的な高齢者拠出金の精算戻り等の支出減により、収支が一時的に改善することも見込まれるが、7月以降、外来医療費が予想を大きく上回る勢いで伸びており、今後の動向を慎重に見極める必要がある。

・令和5年度は、75歳に到達する団塊世代の増加により、拠出金は+2,700億円(令和4年比+7.9%)と急激に増加。
 収支は▲1,700億円と再び赤字に転じ、令和5年度以降、毎年、増加する拠出金によりさらなる財政悪化が見込まれる。


前年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う医療機関への受診控えで保険給付費が大きく減少し、2,958億円の黒字でしたが、一転して財政状況が悪化したようです。

今後、保険料を引き上げる健康保険組合が増えてくるかもしれませんね。

必要であれば、ご確認ください。
<健康保険組合の令和3年度決算見込と今後の財政見通しについて(ポイント)>
https://www.kenporen.com/include/press/2022/2022100601.pdf

<令和3年度 健康保険組合決算見込状況について-令和3年度決算見込と今後の財政見通しについて->
https://www.kenporen.com/include/press/2022/2022100602.pdf

 

「社会保険の法律」関連記事

「労務コンプライアンス」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

オンライン 2024/03/05(火) /13:30~17:30

【オンライン】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : 社労士事務所Partner 所長 西本 佳子 氏

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE