70歳までの高年齢者就業確保措置 4社に1社が実施済み(厚労省)

公開日:2022年6月27日

厚生労働省から、「令和3年 高年齢者雇用状況等報告(6月1日現在)」の集計結果が公表されました。

高年齢者雇用安定法では、高年齢者が年齢に関わりなく働き続けることができる「生涯現役社会の実現」を目指して、企業に「定年制の廃止」や「定年の引上げ」、「継続雇用制度の導入」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を、65歳まで講じるよう義務付けています。

さらに、令和3年4月1日からは、70歳までを対象として、「定年制の廃止」や「定年の引上げ」、「継続雇用制度の導入」といった雇用による措置や、「業務委託契約の導入」、「社会貢献事業に従事できる制度の導入」のいずれかの措置(高年齢者就業確保措置)を講じるように努めることを義務付けています。

今回の集計結果は、この雇用状況を報告した従業員21人以上の企業232,059社の状況をまとめたものです。

なお、この集計では、従業員21人~300人規模を「中小企業」、301人以上規模を「大企業」としています。

集計結果の主なポイントは、次のとおりです。

【65歳までの高年齢者雇用確保措置を実施済みの企業の状況】

1 高年齢者雇用確保措置の実施状況

65歳までの高年齢者雇用確保措置を実施済みの企業は231,402社(99.7%)

2 65歳定年企業の状況

65歳定年企業は48,958社(21.1%)

・中小企業では21.7%

・大企業では13.7%

【66歳以上まで働ける制度のある企業の状況】

1 70歳までの高年齢者就業確保措置の実施状況

70歳までの高年齢者就業確保措置を実施済みの企業は59,377社(25.6%)

・中小企業では26.2%

・大企業では17.8%

2 66歳以上まで働ける制度のある企業の状況

66歳以上まで働ける制度のある企業は88,933社(38.3%)

・中小企業では38.7%

・大企業では34.1%

3 70歳以上まで働ける制度のある企業の状況

70歳以上まで働ける制度のある企業は84,982社(36.6%)

・中小企業では37.0%

・大企業では32.1%

4 定年制廃止企業の状況および66歳以上定年企業の状況

定年制の廃止企業は9,190社(4.0%)

・中小企業では4.2%

・大企業では0.6%

全般的にみて、高年齢者の雇用は、人材不足が深刻な中小企業の方が進んでいることがわかります。

なお、報道では、令和3年4月から努力義務として施行された高年齢者就業確保措置について、実施済みの企業が59,377社(25.6%=おおむね4社に1社)であったことが話題になっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和3年「高年齢者雇用状況等報告」の集計結果を公表します>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_26246.html

「シニア活躍」関連記事

「人材の強化」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

オンライン 2024/05/29(水) /13:30~17:30

【オンライン】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : 社労士事務所Partner 所長 西本 佳子 氏

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE