令和6年度の与党税制改正大綱を決定 賃上げ促進、国内投資促進を重点的に措置

公開日:2023年12月15日

令和5年12月14日、令和6年度の与党税制改正大綱が決定されました。

同大綱では、「賃金上昇は、コストでなく、投資である成長の原動力」と位置付け、賃上げ促進、国内投資促進を重点的に措置しているということです。

たとえば、賃上げ促進税制では、控除率の上乗せについて、さらに高い賃上げ率の要件を創設し、従来の4パーセントに加え、5パーセント、7パーセントの賃上げを促すこととしています。

さらに、赤字決算の中小企業も賃上げに取り組めるよう、新たに繰越控除制度も創設。これにより、当期の税額から控除できなかった分を5年間繰り越すことを可能にし、構造的・持続的な賃上げを後押しすることとしています。

また、半導体、電気自動車等、国として長期的な戦略投資が不可欠となる分野を選定し、10年にわたって法人税を減税する「戦略分野投資促進税制」や、特許権や人工知能(AI)分野の著作権で得た所得に対して30パーセントの所得控除を認める「イノベーションボックス税制」も創設し、海外にそん色ない制度で無形資産投資を後押しすることとしています。

そのほか、子育て世帯等に対する住宅ローン控除の拡充といった、子育て世帯への支援を手厚くする政策税制も盛り込まれています。

注目を集めていた扶養控除等の見直しや防衛力強化に係る財源確保については、将来的に検討することとされています。

なお、細かなところでは、交際費等の損金不算入制度(法人課税)について、交際費等から除外される飲食費の上限額(1人あたり5,000円)を、大幅に引き上げて1人あたり「1万円」とするといった措置も盛り込まれています。

これについては、日本商工会議所が「わが国のデフレ克服と中小飲食店の賃上げ原資の確保に資する価格転嫁を力強く後押しするものとして大いに評価する」とコメントしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<令和6年度与党税制改正大綱(自民党HP)>
https://www.jimin.jp/news/policy/207233.html


参考までに、この決定について発せられた経済団体のコメントも紹介しておきます。

・経団連:令和6年度与党税制改正大綱に関する十倉会長コメント
https://www.keidanren.or.jp/speech/comment/2023/1214.html

・日商:令和6年度与党税制改正大綱に対する小林会頭コメント
https://www.jcci.or.jp/recommend/comment/2023/1214155503.html

「賃金制度」関連記事

「賃金・評価制度の検討」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

オンライン 2024/03/05(火) /13:30~17:30

【オンライン】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : 社労士事務所Partner 所長 西本 佳子 氏

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE