社員からマイナンバーを収集・管理する際の留意点

公開日:2015年4月10日

  マイナンバー制度では、マイナンバーの取得、利用、保管、廃棄・削除について厳格に決められています。企業でのマイナンバーとの最初の関わりは、当然その取得からになりますが、その取得時にも本人確認が必要になるなど、それぞれのシーンで注意しなければならない一定の取り決めがあります。取得から廃棄まで、マイナンバーの取り扱いについて社内で注意しなければならないポイントについて見ていきましょう。

 

いつ社員からマイナンバーを取得するか?

  実際に企業がマイナンバーを取り扱うことになった際、どのタイミングで社員からマイナンバーを取得することができるかについては、社員が入社した時点で取得することができるとされています。これは、本人から入社誓約書が提出された時点でも構いません。

 既存の社員からの取得については、社員がマイナンバーの通知カードの重要性を知らず、紛失してしまう恐れなども考えられますので、10月に通知カードが送られてきてから、できるだけ早期にマイナンバー取得を行っておいたほうがよいでしょう。

 取得にあたっては、密封した封筒で回収するなど、他者に見られないように注意することが必要です。担当者の机上にクリアファイルなどに入れて見える状態で置いてしまうようなことがないよう徹底しましょう。


「マイナンバー対応」関連記事

「労務コンプライアンス」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/06/25(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
44,000円(税込)

コンプライアンス研修の実施は、企業経営に悪影響を及ぼすような不祥事を未然に防ぐのに役立ちます。また、新入社員にコンプライアンス研修を実施することで、顧客や取引先などからの信頼を維持することにつながります。
本DVDは、随所に自分事として捉えてもらえるようセルフワークを用意しております。集合研修ができない会社や研修実施後の定期的な振り返り教材としてもおすすめです。

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE