岸田総理が会見 健康保険証の廃止時期は総点検を見極め判断(延期の可能性も) 保険証代用の資格確認書は柔軟に運用

公開日:2023年8月8日

岸田総理は、令和5年8月4日、マイナンバーカードに対する国民の信頼回復のための対策などについて、会見を行いました。

冒頭、マイナンバーの紐(ひも)付け誤りをめぐって国民の不安を招いていることについてお詫びをしたうえで、既に発表している「信頼回復のための3つのポイント」を徹底し、国民の信頼を取り戻し、我が国にとって必要不可欠であるデジタル改革を本格的に進めていくと述べました。

注目の「マイナンバーカードと健康保険証の一体化(現行の健康保険証の廃止)」のスケジュールなどについては、記者からの質疑に次のように応答しました。

●総点検をしっかりやると申し上げている現時点では、健康保険証の廃止の時期の見直しありきではないと思っている。ただし、総点検とその後の修正作業の状況を見極めた上で、更なる期間が必要と判断される場合には、資格確認書の円滑な交付、マイナ保険証の利便性向上、そして健康保険証の廃止の時期の見直しも含め、適切に対応する。

●資格確認書を交付する措置は、国民皆保険の下で、現行の保険証からマイナ保険証への移行期においても、全ての国民が安心して保険診療を受けられるようにするもの。
これを前提に、マイナ保険証を保有していない方すべてに、申請によらず、資格確認書を交付する。

●資格確認書の期限については、基本的には、現在、健康保険証について、国民保険であれば、1年であったり、2年であったりで、更新時期を迎える。それから雇用者保険であれば、期限は特段設けていない。こういった運用になっていると思う。
この運用を念頭に資格確認書についても考えると、更新の時期については、5年を超えない期間において、それぞれの保険者が更新の時期を決めていくというのが基本的な考え方となる。

政府は、令和6年秋に、現行の健康保険証を廃止して、いわゆるマイナ保険証に移行する方針を打ち出していますが、その時期を延期するか否かについては明言を避けた形です。
総点検や資格確認書の運用の柔軟化などで国民の理解を得られるかどうかが、今後のカギを握っているといえるでしょう。

今後の動向に注目です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<岸田内閣総理大臣記者会見(令和5年8月4日)>
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/statement/2023/0804kaiken.html

「マイナンバー対応」関連記事

「労務コンプライアンス」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/04/23(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE