長時間労働が疑われる事業場への監督指導 監督指導を実施した事業場の81.2%が労働基準関係法令違反(令和4年度の状況)

公開日:2023年8月4日

厚生労働省は、令和4年度に長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した監督指導の結果を取りまとめ、監督指導事例とともに公表しましました(令和5年8月3日公表)。

この監督指導は、各種情報から、時間外・休日労働時間数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象として実施されたものです。

令和4年度の監督指導結果のポイントは、次のとおりです。

1. 監督指導の実施事業場:33,218事業場

2. 主な違反内容[1.のうち、法令違反があり、是正勧告書を交付した事業場]
 ①違法な時間外労働があったもの:14,147事業場(42.6%)
  うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が月80時間を超えるもの:5,247事業場(37.1%)
  うち、月100時間を超えるもの:3,320事業場(23.5%)
  うち、月150時間を超えるもの:752事業場(5.3%)
  うち、月200時間を超えるもの:168事業場(1.2%)
 ②賃金不払残業があったもの:3,006事業場(9.0%)
 ③過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:8,852事業場(26.6%)

3. 主な健康障害防止に関する指導の状況[1.のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場]
 ①過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:13,296事業場(40.0%)
 ②労働時間の把握が不適正なため指導したもの:6,069事業場(18.3%)

報道では、違法な時間外労働があった事業場が大幅に増加していることが話題になっています(監督指導を実施した事業場のうち違法な時間外労働があったものの割合は、令和3年度の34.3%から8.3%増加し、令和4年度は42.6%)。

新型コロナの感染収束に伴い、事業活動を再開させた企業が増え、違法残業も多くなったなどと分析されています。

同省では、今後も長時間労働の是正に向けた取組を積極的に行うとともに、11月の「過重労働解消キャンペーン」期間中に重点的な監督指導を行うこととしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<長時間労働が疑われる事業場に対する令和4年度の監督指導結果を公表します>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_34504.html

 

「労働時間・休日の法律」関連記事

「労務コンプライアンス」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

オンライン 2024/03/05(火) /13:30~17:30

【オンライン】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : 社労士事務所Partner 所長 西本 佳子 氏

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE