2024年度 労働保険年度更新・社会保険算定セミナー

 

 

労働保険や社会保険に関する業務として、毎月発生する給与計算、社会保険手続きのほか、年に1回、保険料の算定に関する業務が発生します。 それが、労働保険は「年度更新」、社会保険は「算定基礎届」といわれるものです。

 

セミナー概要

基礎知識を学んだ後は、実際にワークを行うなど、実践的な内容となっており、またワークでは、様々な事例に応じて、実際の計算だけでなく、様式の記入も行うため、すぐに実務に活かすことができます。

初めての方はもちろん、知識の再確認をしたい方、「こういう時はどうするの?」という疑問をお持ちの方など、この時期だからこそ、セミナーを受講して知識をすぐに実務に活かしていただけたらと思います。

短時間で実務のポイントをしっかり押さえ、1年に1度の業務を間違いなく進められるよう、ぜひご受講ください!

 

こんな方におすすめ

  • はじめて年度更新・社会保険算定を行う方
  • 知識の再確認をしたい方
  • 年度更新・算定の業務でお困りの方
  • 様々なケースにも対応できるようになりたい方

 

セミナーのねらいと効果

このセミナーは、基礎知識を学んだ後、ワークを行っていただき、すぐに実務に活用できるスキルを身につけていただくことを第一の目的としています。ワークでは、様々な事例に応じて、実際の計算だけでなく、様式の記入も行っていただきます。そのため、初めての方でも自社に帰って学んだ知識をすぐに活かすことができます。なお、年度更新、算定とも5問ずつワークを用意しています。 もちろん、「年度更新・算定がはじめて」という方だけでなく、基礎知識から復習したい方にもぴったりです。

 

  •  労働保険の年度更新と、社会保険の算定のしくみから理解できますので、イレギュラーなケースにも対応できるようになります。 
  • 豊富なワークにより、1回の講義ですぐに実務に役立つ知識が身につきます。

 

受講者の声

  • 説明のみでなくケーススタディで学べたため、大変実務に役立ちました。
  • 今回、年更の書式変更があるため、このセミナーを受講することにしましたが、非常にわかりやすくしっかり理解できました。
  • 急な人事異動により、あまり引継がうまくできていなかったのですが、計算や実例に基づく書類の記入例で、
    まさに知りたいと思っていた内容を学ぶことができました。例え話を交えて非常にわかりやすく説明していただいた点もよかったです。
  • 講師の方が実務経験も豊富で解説も詳しく、話し方もスムーズで聴き取りやすい説明でした。
    内容的には難しいですが、社会保険の仕組みも復習でき、年度更新・算定についてきちんと理解できるようになりました。
  • 出向者の設例など実務で活用できる設例が多く、例外について学べた点がよかったです。
    異なるパターンで実際に計算し、計算を繰り返すことでよく理解できました。
    実際に該当するような社員がいたので、実務を行う上での疑問点が解消できました。
  • 理論のみでなく、演習を交えて実例に基づく書類の書き込みができた点がよかったです。
    また、延納の内訳がよく理解できたので、会計ソフト入力時に役立つと思いました。
    これで7月に行う準備が整いました。ありがとうございました。

 

カリキュラム

社会保険制度概要
  1. 全体像
  2. 適用の要件
  3. 労働保険の料率
  4. 社会保険の料率
  5. 社会保険の取扱い窓口
労働保険の年度更新
  1. 年度更新とは
  2. 確定と概算の計算
    • ⑴ 労災保険料
    • ⑵雇用保険料
    • ⑶納付額の計算
    • ⑷労働保険賃金の例
  3. 演習 ◇事例検討◇
    • 出向者がいる場合の計算・書類作成をしてみましょう
    • 雇用保険に加入していないアルバイトがいる場合の計算
    • 書類作成をしてみましょう   ほか3事例
社会保険の算定
    1. 算定基礎届(定時決定)とは
      • ⑴標準報酬月額
        ①標準報酬月額の決定 ②定時決定の有効期間 ③対象者
      • ⑵算定事務の流れ
        ①支払基礎日数 ②通勤費の扱い ③賞与の扱い ④平均額の計算 ⑤パートタイマーの算定
      • ⑶特別な算定方法
        ①すべて17日未満のとき ②遡り支給や給与遅配があったとき ③年間平均で算出できるとき
    2. 演習演習 ◇事例検討◇
      • 算定月以外に通勤費が支払われている社員がいる場合
      • 育児休業をとっている社員がいる場合
      • 出勤日数が少ないパートタイマーがいる場合   ほか2事例
月額変更
  1. 月額変更届(随時改定)とは
    • ⑴月額変更の提出が必要なとき
      ①固定的賃金の変更 ②継続した3か月間 ③2等級以上の差
    • ⑵随時改定の有効期間
    • ⑶その他
  2. 演習

 

講師

小野 純(おの じゅん)先生

社会保険労務士法人ソリューション代表 特定社会保険労務士

【プロフィール】 
大学在籍時(中央大学)から大学進学の予備校講師(国語科)を経験。卒業後、一部上場企業6年間勤務。その後、再び同予備校に教室長として3年間勤務(国語科主任兼採用担当)。2002年社労士試験合格、2003年開業。開業前から数年間は社労士受験校非常勤講師を経験(リアル及びオンデマンド授業)。社労士本業に従事しつつも2006年にエージェント会社にスカウトされ社労士関係の講演、セミナー業が本格スタート。講演・セミナー業と本業の両輪で2017年法人化。現在も企業顧問として「就業規則」「労働・社会保険手続」「社員研修」等の業務に従事しつつ、全国の商工会議所、法人会、企業および顧問先で講演・セミナーを展開中。 

【講演・セミナー実績】
社労士関係の講演・セミナーで年間約30回、これまでの実績は通算300回以上。

 

開催概要

セミナータイトル 2024年度 労働保険年度更新・社会保険算定セミナー
講師 小野純先生
備考
    【お申込にあたって】
    ・申込者と受講者が異なる場合は、「備考欄」に受講者の情報(氏名・メールアドレス)をご入力下さい。
    ■会場受講
    ・お申込締切…4月30日(火)
    ・ご入金確認後、セミナー開催の5営業日前~3営業日前の間に「受講案内メール」をお送りします。
    ・テキストは会場でお渡しします。
    ■Zoom受講
    ・ご入金確認後、セミナー開催の5営業日前~3営業日前の間に「受講案内メール」をお送りし、
    テキストを発送します。
    ※5月7日以降でお申し込みの場合、テキストのお届けが開催日の5/10に間に合わない可能性がございます。あらかじめご了承ください。
    ■その他

    ※最少催行人数(5名)に満たない場合は開催を中止することもございます。

    【再受講割引あり】
    2023年4月以降開催の「はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー」にご参加された方は、
    >>こちらからお申し込みください。

選択 開催日時 開催場所 会場 受講料
(税込)
2024/05/10(金) 13:30~17:30
zoomを使用します テキストを事前にお届けします
オンライン オンラインセミナー
23,100円
2024/05/10(金) 13:30~17:30 東京会場 ブレインコンサルティングオフィス セミナールーム
東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル6階
22,000円

お申し込みの前に必ずセミナーキャンセルポリシーをご確認ください。



ピックアップセミナー

東京会場 2024/04/23(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
31,900円(税込)

経験豊富な講師陣が、初心者に分かりやすく説明する、2023年版の年末調整のしかた実践セミナーDVDです。
はじめての方も、ベテランの方も、当セミナーで年末調整のポイントを演習を交えながら学習して12月の年末調整の頃には、重要な戦力に!

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE