【専門家の知恵】採用活動は順調?採用管理の数値化について

公開日:2019年2月1日

採用活動は順調?採用管理の数値化について

<社会保険労務士たきもと事務所 瀧本 旭/PSR会員>

 

 採用活動の最終目標は、もちろん質・量ともに必要な人員の確保だ。近年の売り手市場の環境では、受け身の姿勢で選考を行なっていては、目標未達で終わりかねない。そのため、採用施策を実行する前に、数値に基づいた精度の高い採用目標達成のシナリオを想定・計画することがカギとなってくる。それによって、採用が順調に進んでいるのか、どこかに問題があるのかが把握しやすくなり、適切なPDCAを回すことができるからだ。今回は、採用活動における、数値に基づくPDCAについて考えてみたいと思う。

 

◆採用管理におけるPDCAの数値化とは?

1. PLAN

 採用必要数を充足させるためには、各プロセスにおいて「この目標を達成すれば、最終目標が達成される」というKPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)を最終目標から逆算して設定することが有効だ。

 数値として客観的な判断基準を持つことで、勘や経験などの属人的な判断のみに頼らない、再現性を持った判断が可能になる。

 採用は主に、(1)母集団の形成、(2)書類選考、(3)面接、(4)内定というフローに基づいて行われるが、まずは、募集経路や職種別に各プロセスにおける歩留まり率の実績を出し、状況の把握をすることから始める。具体的には、(2)書類選考通過率、(3)面接実施率、(4)内定数、内定承諾数などの数値が算出できる。

 例えば、今期の(1)応募数が100名、(2)書類選考通過数が80名(80%)、(3)面接数が50名(62%)、(4)内定数が10名(20%)、最終的に採用できた内定承諾数が5名(50%)だったとする。

 そして来期の目標採用数が仮に10名だったとすると、今期実績の歩留まり率から計算すると、(4)内定数は20名、(3)面接数は100名、(2)書類選考通過数は161名、(1)応募数は201名の確保が必要という計算になる。

 それぞれのフローに基準となるKPIを設定しておくことで、随時、状況の判断ができるようになるというわけだ。

2. DO

 次に、実際に計画に沿って業務を実行していく。ここでは受け身の対応ではなく、応募を取りこぼさないよう、応募者と密にコンタクトをとりながら、“攻め”の姿勢で臨んでいくことが大切だ。

 日々の成果が数値として出るが、採用活動は対人のコミュニケーションが大きく影響する業務でもある。応募者対応の際は、特に問題意識を持って接していくことで、改善点の発見につながる。

3. CHECK

 次に、定期的に数値の集計を行い、採用進捗の確認と評価を行う。KPIと実績を照らし合わせると、「面接への呼び込みが足りていない」、「そもそも応募数が足りていない」など、どのフローに問題があるのかが見えてくる。

 また、選考に進んだ数だけではなく、離脱した応募者数(選考辞退数、内定辞退数など)からも、問題があぶり出せることが多々ある。選考辞退数が多いのであれば、「面接の場所や時間帯は適正か?」、「採用担当の電話やメール対応に問題はないか?」、「求人原稿の記載内容とのギャップはないか?」など、さらに細分化して原因の分析を行うと、対策が見えてくる。

4. ACTION

 次に、検討した対応策を実施し、改善していく。採用の仕事は特に、応募者からの反応がダイレクトに返ってくるため、改善の結果が見えやすい仕事だ。感度を高く持ち、いかにスピード感を持って改善を繰り返していくかが、より確実な成果につながる。

 

◆最後に

 2018年10月、経団連は、大手企業の採用面接の解禁日などを定めた指針を2021年春入社の学生から廃止することを決めた。よって今後は新卒も、通年採用や中途採用にシフトしていくことが予想される。客観的な数値に基づく再現性の高い指標に基づいたPDCAを回すことで、さらなる確度を持って、環境の変化にも対応できる、採用活動を行っていけるようにしたい。

 

 

プロフィール

社会保険労務士たきもと事務所(http://www.takimotolmo-sr.com/)代表
社会保険労務士 瀧本 旭
「経営者を守り、会社を元気に!」するため、日々奔走中。

 

 

 

「採用」関連記事

「人材の強化」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/06/25(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
44,000円(税込)

コンプライアンス研修の実施は、企業経営に悪影響を及ぼすような不祥事を未然に防ぐのに役立ちます。また、新入社員にコンプライアンス研修を実施することで、顧客や取引先などからの信頼を維持することにつながります。
本DVDは、随所に自分事として捉えてもらえるようセルフワークを用意しております。集合研修ができない会社や研修実施後の定期的な振り返り教材としてもおすすめです。

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE