募集・採用に関する調査が続々と!ぜひ御社の採用にお役立てください

公開日:2010年8月7日
民間各社が、募集・採用に関する調査を発表しています。 御社の実態と比較していただくとともに、ぜひ御社の来年度の採用にお役立てください。

来春卒業予定学生の採用数について「変わらない」とする企業が最多

 毎日コミュニケーションズ(マイコミ)が7月29日発表した「2010年度就職戦線総括」によると、来春卒業予定学生の採用数について「変わらない」とする企業が最多となりました。  さらに、選考基準についても、前年厳しくした選考基準を「維持する」が60.2%にのぼり、企業が学生に「質」を求める傾向がより顕著に表れた結果となりました。
【企業の動向 その1】 採用数の増減は「変わらない」という回答が多数
 来春卒業予定学生の採用数についての調査では「変わらない」という回答が一番多くなりました。  新卒採用を実施する理由としては、  ●「組織の維持存続と強化」  ●「将来の幹部候補・コア人材の確保」  ●「年齢等人員構成の適正化」 が上位を占めています  また、採用を実施する企業の数についても、採用企業数に大幅な減少は見られなかったということです。
【企業の動向 その2】2011年学卒者への採用活動は、「短期集中型」で6月には終了
 2011年の採用活動は、会社説明会・セミナーの開始時期が遅れた企業がわずかに多かった一方で、6月までに採用活動の終了を予定する企業が対前年10.3pt増の61.3%でした。  このことから、2011年卒はより短期決戦の傾向にあったことがわかる、と調査では伝えています。
【企業の動向 その3】選考基準は、「量より質」
 2011年卒の選考基準を「厳しくする」企業は総合で対前年5.2pt減の39.4%となりました。  しかしその一方で、前年厳しくした選考基準を変更せず、「前年並み」と回答した企業が4.9pt増の60.2%となるなど、引き続き高い選考基準で推移しています。  以上のように、採用に回復の兆しが見られるものの、学生に「質」を求める傾向はより顕著になっていることがうかがえます

2011年3月卒業予定者の採用結果について「質・量ともに満足」と回答した企業は減少

 人材コンサルティングのディスコが発表した、採用活動に関する調査結果によると、2011年3月卒業予定者の採用結果について「質・量ともに満足」と回答した企業は、前年より8.0ポイント低い「34.3%」となりました。  調査では、技術者採用の回復による理系学生の不足や、買い手市場を背景とした企業間の獲得競争などが、満足度低下に影響したと分析しています。

「満足した採用を行いたい」とお考えのご担当者様におススメのセミナー「採用・面接力アップ講座~交流分析(TA)を活用して~」は9月3日開催です。 適性検査や交流分析を活用して、採用アドバイス、社員研修を多数行っている刀根先生による好評の講座です。 採用・人材開発に活用できる適性検査は、こちらからどうぞ!

「採用」関連記事

「人材の強化」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/06/25(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
44,000円(税込)

コンプライアンス研修の実施は、企業経営に悪影響を及ぼすような不祥事を未然に防ぐのに役立ちます。また、新入社員にコンプライアンス研修を実施することで、顧客や取引先などからの信頼を維持することにつながります。
本DVDは、随所に自分事として捉えてもらえるようセルフワークを用意しております。集合研修ができない会社や研修実施後の定期的な振り返り教材としてもおすすめです。

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE