インターンシップの推進に当たっての基本的考え方(三省合意)を改正 インターン学生情報の採用活動での活用を容認

公開日:2022年6月14日

インターンシップに関する基本的認識や推進方策を取りまとめた「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」(文部科学省、厚生労働省及び経済産業省合意)が、「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」の2021年度報告書の内容を踏まえ、令和4年6月13日付けで改正されました。

 
その報告書の内容は以前にお伝えしましたが、それが正式に決定された形です。
 
これまで、政府は、「採用活動前のインターンシップの情報は活用できない」との方針を示していましたが、今回の改正で、採用活動前のインターンシップで企業が得た学生の評価などの情報を採用活動に活用することが可能となります。
 
対象となる「インターンシップ」は、次の類型のうち、タイプ3及びタイプ4です。
●学生のキャリア形成支援に係る産学協働の取組の四つの類型
 タイプ1 オープン・カンパニー
 タイプ2 キャリア教育
 タイプ3 汎用的能力・専門活用型インターンシップ
 タイプ4 高度専門型インターンシップ(試行)
 
タイプ3が、学生情報を採用活動に活用するための標準的なインターンシップといえますが、その要件には、次のようなものがあります。
・インターンシップ実施期間は、汎用的能力活用型は短期(5日間以上)、専門能力活用型は長期(2週間以上)
・就業体験は「必ず行う(必須)」
 
インターンシップ実施期間の半分を超える日数を職場での就業体験に充てる
 
・実施時期は、学業との両立に配慮する観点から、大学の正課および博士課程を除き、学部 3年・4年ないし修士1年・2年の長期休暇期間(夏休み、冬休み、入試休み・春休み)  など
 
令和6年度以降の大学、大学院修士課程の卒業・修了予定者らに各企業が実施するインターンシップから、学生情報の採用活動での活用が本格化することになりそうです。
 
なお、実施期間が「超短期(単日)」、就業体験は「なし」などの場合は、上記の類型のタイプ1「オープン・カンパニー」やタイプ2「キャリア教育」に分類され、学生情報の採用活動での活用の対象外となります。
 
詳しくは、こちらをご覧ください。
<インターンシップを始めとする学生のキャリア形成支援に係る取組の推進に当たっての基本的考え方(令和4年6月13日改正)>
https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/000949684.pdf

 

「採用」関連記事

「人材の強化」に関するおすすめコンテンツ

ピックアップセミナー

東京会場 2024/06/25(火) /13:30~17:30

【会場開催】はじめての給与計算と社会保険の基礎セミナー

講師 : ※各日程をご確認ください

受講者累計5,000人超!2009年から実施している実務解説シリーズの人気セミナーです!
給与計算と社会保険について基礎からの解説と演習を組み合わせることで、初めての方でもすぐに実務に活用できるスキルが習得できます。

DVD・教育ツール

価格
44,000円(税込)

コンプライアンス研修の実施は、企業経営に悪影響を及ぼすような不祥事を未然に防ぐのに役立ちます。また、新入社員にコンプライアンス研修を実施することで、顧客や取引先などからの信頼を維持することにつながります。
本DVDは、随所に自分事として捉えてもらえるようセルフワークを用意しております。集合研修ができない会社や研修実施後の定期的な振り返り教材としてもおすすめです。

価格
7,150円(税込)

本小冊子では、ビジネスマナーに加え、メンタルヘルスを維持するためのコツ、オンライン会議やSNSのマナーのポイントも紹介しています。
また、コンプライアンス(法令順守)も掲載。ビジネスパーソンとして肝に銘じておきたい「機密管理」、働きやすい職場づくりに必要不可欠な「ハラスメント防止」について、注意点を解説しており、これ一冊で、一通りのマナーの基本が身に付くようになっています。

おすすめコンテンツ

TEST

CLOSE