HOME 人事労務トピックス 労働経済 外国人材の受入れを拡大するための法案(入管法改正案) が可決・成立へ

外国人材の受入れを拡大するための法案(入管法改正案) が可決・成立へ

   平成30年12月8日の未明に、外国人材の受入れを拡大するための法案(出入国管理法等の改正法案)が、参議院本会議で可決され、与党の思惑どおり、臨時国会の会期内に成立することになりました。

   改正法は、新たな在留資格「特定技能」の1号と2号を創設するもの。

   また、法務省入国管理局を格上げし、出入国在留管理庁を新設。外国人の在留管理や受け入れ企業の指導・監督を行うこととしています。

   しかし、具体的な規定の多くは法務省令などに委ねています。

   政府は年内に、外国人の受入れ規模などを定めた「分野別運用方針」や、日本語教育などの外国人支援策を盛り込んだ「総合的対応策」などを取りまとめる方針とのことです。

   2019(平成31)年4月の施行に向けて、必要な規定を急ピッチで整備していく必要があるでしょう。

   なお、これを受けて、経団連(日本経済団体連合会)、日商(日本商工会議所)、連合(日本労働組合総連合会)が、それぞれコメントを公表しています。

   経団連は、「支え手の確保という課題に真摯に対応したものであり歓迎する。」

   日商は、「可決・成立したことを高く評価する。」

   連合は、「国会においても十分な議論が尽くされないまま、法案が可決・成立に至ったことは誠に遺憾である。」

    などとコメントしています。

   

    連合を除いては、おおむね歓迎ムードのようです。

    もちろん、それぞれ、今後の課題などにも触れています。

    詳しくは、こちらをご覧ください。

<経団連/出入国管理及び難民認定法、及び法務省設置法の改正法案成立に関する中西会長コメント>

 http://www.keidanren.or.jp/speech/comment/2018/1208.html  

<日商/改正出入国管理法案の成立に対する三村会頭コメント>

https://www.jcci.or.jp/cat298/2018/1210091454.html

<連合/入管難民法改正法案の可決・成立に対する談話>

https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/article_detail.php?id=1010