HOME 人事労務トピックス 安全・衛生 通達「VDT作業に係る労働衛生教育の推進について」を改正

通達「VDT作業に係る労働衛生教育の推進について」を改正

厚生労働省から、「「VDT作業に係る労働衛生教育の推進について」の一部改正について(令和元年10月11日基発1011第4号)」が公表されました(令和元年(2019年)10月23日公表)。

これは、令和元年7月12 日付け基発0712第3号「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドラインについて」を発出したことを踏まえ、「VDT作業に係る労働衛生教育の推進について」を、別紙(新旧対照表)のとおり改めることを周知するものです。

これにより、「VDT作業に係る労働衛生教育の推進について」という通達の名称が、「情報機器作業に係る労働衛生教育の推進について」に改められており、規定中の「VDT作業」も「情報機器作業」に改められています。

「VDT作業」とは、ディスプレイを持つ画面表示装置を用いた作業(つまりは、コンピュータ等を用いた作業)を指す用語でしたが、現在ではほとんど使われていません。

その用語を使った通達が今まで有効だったことが不思議なぐらいですね。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<「VDT作業に係る労働衛生教育の推進について」の一部改正について(令和元年10月11日基発1011第4号)>

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T191023K0010.pdf

・新旧対照表

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T191023K0011.pdf

・参考資料

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T191023K0012.pdf

2019/10/24