HOME 人事労務トピックス 労働法 雇用調整助成金の特例措置等を延長 令和3年2月末まで(厚労省)

雇用調整助成金の特例措置等を延長 令和3年2月末まで(厚労省)

「令和2年12月末に期限を迎える雇用調整助成金の特例措置、緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(以下「雇用調整助成金の特例措置等」という。)について、令和3年2月末まで延長します」という案内が、厚生労働省からありました(令和2年11月27日公表)。

ひとまず、助成内容に変更はないようですが、この延長の期限(令和3年2月末)の経過後は、休業者数・失業者数が急増するなど雇用情勢が大きく悪化しない限り、これらの特例措置等を段階的に縮減していくようです。
 
 こちらでご確認ください。
<雇用調整助成金の特例措置等を延長します>
 https://www.mhlw.go.jp/stf/enchou210228_00003.html
 
なお、同日、「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金」及び「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金」についても、対象期間等の延長を予定していることが公表されています。
 
これらについてもご確認ください。
<新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の対象期間の延長について>
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15079.html
 
<「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金」の支給要件の見直しについて>
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15091.html

2020/11/27