HOME 人事労務トピックス 介護 要介護認定、11万人超す 福島は原発事故が影響

要介護認定、11万人超す 福島は原発事故が影響

 岩手、宮城、福島3県の沿岸部など42自治体で、要介護認定を受けた人が震災前の平成22年3月末と比べ約1万2千人(12%)増え、今年6月末時点で11万39人となったことが9月8日に明らかになりました。原発事故の影響が深刻な福島県では2万9808人(10年3月比で17%増)。最も増えたのが全町避難が続く大熊町で50%増、次いで楢葉町の40%増でした。  認定増加は避難生活の長期化による高齢者の体調悪化が要因とみられ「震災で高齢化が加速した印象がある」(宮城県七ケ浜町)。仮設住宅での不自由な暮らしで心と体の機能が低下する「生活不活発病」の発症も目立つそうです。  一方で、岩手県釜石市の担当者は「被災高齢者の生活環境は激変しており、認知症など重度介護者の増加が懸念される」と指摘しています。