HOME 人事労務トピックス 医療 協会けんぽ「総報酬割り」特例措置延長

協会けんぽ「総報酬割り」特例措置延長

 厚生労働相の諮問機関である社会保障審議会医療保険部会は28日、中小企業の従業員や家族が加入する全国健康保険協会の財政支援策の特例措置を延長する方針で大筋一致した。  後期高齢者医療制度の財源は4割を現役世代の支援金で賄っています。支援金は各医療保険が加入者数に応じて負担するのが基本です。しかし、これでは中小企業向けの全国健康保険協会など、加入者数が多く給与水準の低い健保の負担が重くなります。厚労省は格差是正に向け、13年度から給与水準が高い健保ほど支援金額も高くなる総報酬割りを全面導入する意向でしたが、負担の増える大企業を中心に経済界の反発は強く同省は早期実施を断念ました。10〜12年度の特例措置として支援金総額の3分の1を総報酬割りで徴収していますが、当面この特例を継続します。 (2012/11/30 医療)