HOME 人事労務トピックス 医療 協会けんぽの保険料負担大幅増 4月から

協会けんぽの保険料負担大幅増 4月から

 中小企業の会社員と家族らが加入する協会けんぽは、加入者の4月以降の保険料負担の増加に ついて、月収別の試算を行いました。 税引前の月収が30万円の会社員(40歳以上65歳未満)の 医療・介護の保険料は月額2170円に増える計算となります。  政府は来年度に国庫負担を増やし、保険料の上昇幅を抑制する方針としていますが、一定の負担 増は避けられない情勢となっています。  なお、協会けんぽの医療の保険料率は4月納付分から現在の8.2%から9.34%に上がり(全国 平均)、40~64歳までが負担する介護保険料率も1.19%から1.50%に上がります。  高齢化により医療費の支出が膨らんでいるうえに、保険料収入が景気低迷のため落ち込んでいる ことが理由とされています。