HOME 人事労務トピックス 医療 厚労省検討会 社会保障番号導入は見送り 

厚労省検討会 社会保障番号導入は見送り 

16日、厚労省の有識者会議は、現行の健康保険証、介護保険証、年金手帳の役割を一枚にまとめる「社会保障カード」の基本計画を発表しました。各制度に共通する統一の番号として検討していた社会保障番号の導入は見送り、2011年をめどに年金や各保険のそれぞれのデータベースに接続して必要なデータを入手できるICカード(社会保障カード)の導入を検討しています。 個人別のICカードを導入することにより、たとえば、医療機関がICカードをコンピューターが読み取ることで本人確認を行い、転職等にかかわらず、本人の医療・介護保険に関する一元情報が確認できること等を目的としています。 ただし、利用範囲やプライバシー保護などに十分な検討が必要であり、医療現場で活用する場合、往診、訪問介護などICカードの機能が使用できない状況も想定されます。 厚労省は、基本計画を踏まえ、今年度中に全国数カ所の自治体で実証実験を行う予定で、さらに具体的な制度設計を進める方針です。