HOME 退職金・企業年金 確定給付企業年金 (DB)

確定給付企業年金 (DB)

 確定給付企業年金は、『給付額が確定した』言い換えると『会社が従業員に対して約束した金額を支払う』年金であることを指します。つまり給付額を約束するため、運用の結果、積立額が給付額に基づいた一定の金額に満たない場合は、企業が穴埋めをするため追加の掛金が必要になります。

存続か廃止などで最近話題になっている厚生年金基金も同様の性質をもっていますが、確定給付企業年金は、厚生年金基金とは異なり、『国に代わり厚生年金の一部分(代行部分)』を代行を行いません。また厚生年金基金廃止後の受け皿としても近年注目されています。
確定給付企業年金には、生命保険会社・信託銀行が管理し、運用・給付を担う「規約型」と企業年金基金が管理し、運用・給付を担う「基金型」の二つがあります。

db 1

db 2

 

会社の運用リスクと従業員の安心感は、表裏一体

確定給付企業年金の会社にとっては、運用リスクを負い追加の出費が発生する恐れもあります。しかしながら、このことは、裏を返せば従業員にとっては、原則として将来もらえる金額が約束されているため安心な制度であり、企業に対しての信頼につながります。また、従来の確定給付型とは異なり、積立不足が発生しにくい『キャッシュバランスプラン』を採用した確定給付企業年金を採用する企業も増えています。
そして、確定給付企業年金は、確定拠出年金と異なり退職時にも受給することが可能であり(確定拠出年金は原則60歳から受給開始)、投資学習の必要もありません。以上の点も考慮し確定給付企業年金の導入を検討する必要があります。

db 3

【ベネフィット・ワン企業年金基金】

thumbnail benefit one退職金の資金準備や厚生年金基金の解散後の受け皿として
1名から加入できる確定給付企業年金制度

 

  >> 確定拠出年金 企業型 (401K・DC)を見る