HOME Q&A 日々の業務の疑問をかいけつ Q&A 就業規則・労務問題 非正規社員 派遣の禁止業務には、どのようなものがあるのでしょうか?また、一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業とは、どう違うのでしょうか?

派遣の禁止業務には、どのようなものがあるのでしょうか?また、一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業とは、どう違うのでしょうか?

Q.派遣の禁止業務には、どのようなものがあるのでしょうか?また、一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業とは、どう違うのでしょうか?
A.港湾運送業務、建設業務、警備業務への派遣は、禁止されています。一般労働者派遣事業は登録型、特定労働者派遣事業は常用型の派遣事業です。
解説

1.派遣の禁止業務
 派遣法で派遣が禁止されている業務は、以下のとおりです。
 1 港湾運送業務
 2 建設業務
 3 警備業務
 4 医療関係業務
 5 人事労務に関する業務
 6 専門士業の業務(弁護士、税理士、行政書士など)

 なお、医療関係業務については、紹介予定派遣による場合は、派遣が認められています。また、病院等で行われる看護補助や介護の業務は、医療関係業務とは定められていないため、派遣が可能です。

2.一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業
 一般労働者派遣事業とは、主として登録型の派遣を行なう事業のことをいいます。登録型の派遣事業では、派遣社員を常時雇用することなく、派遣先で勤務する期間だけ、派遣元との雇用関係が発生します。 一般労働者派遣事業を行なうためには、厚生労働大臣の許可が必要です。
 特定労働者派遣事業とは、常時雇用される者のみを派遣する常用型の派遣事業のことをいいます。
常時雇用される者とは、以下に該当する人のことをいいます。
 1 期間の定めなく雇用されている労働者
 2 過去1年を超える期間について、引き続き雇用されている労働者
 3 採用から1年を超えて引き続き雇用される見込みのある労働者
特定労働者派遣事業を行なうためには、厚生労働大臣への届出が必要です。

 なお、一般労働者派遣事業とは、特定労働者派遣事業以外の派遣事業のことをいうため、常時雇用される者以外の派遣社員が1人でもいる場合は、一般労働者派遣事業ということになります。

Point

 建設業務など派遣が禁止されている業務であっても、禁止業務に直接関わりのない業務について派遣を行なうことは認められるため、一般事務や営業等の業務について派遣することは差し支えありません。

 特定労働者派遣事業を行なう派遣元が、常時雇用していない者をたとえ1人でも派遣社員とする場合は、特定労働者派遣事業に該当しなくなるため、一般労働者派遣事業の許可を取得しなければなりません。

コンサルタントからのアドバイス

 派遣の禁止業務である建設業務や港湾運送業務では、請負契約によって業務処理を担う取引慣行が一般的ですが、請負契約が形式に過ぎず、「偽装請負」の状態にある場合は、法律的には派遣を行なっているものと見なされ、罰則や行政指導の対象となるため、コンプライアンスの遵守には万全を期す必要があります。
<特定社会保険労務士 PSR正会員 小岩 広宣 >